株エヴァンジェリストの評価・評判は賛否両論で、サイトによってもその評価や評判にはばらつきがあります。
そこで今回は、株エヴァンジェリストに関する評価・評判はどれが真実なのか、信頼できる会社なのかどうかを評価や口コミ評判、ほかの投資顧問会社の評判との比較やサービス内容・料金プランの評価などをもとに解説します。

株エヴァンジェリストの評価・口コミ評判とは

株エヴァンジェリストの評価

株エヴァンジェリストはマーチャントブレインズ投資顧問株式会社が運営する投資顧問サイトで、急騰候補株を無料で配信していることでも知られています。
特徴はストラテジー顧問として株-1グランプリのグランドチャンピオンという肩書を持ち、美人アナリストとしても有名な向後はるみ氏が参加しているところです。
そんな株エヴァンジェリストの評価や口コミ評判をインターネットで調べてみると、良い評価と悪い評価が分かれていました。

良い評価としてあげられるのは、株エヴァンジェリストの配信で推奨されている銘柄を購入したところ、利益を得ることができたという評価です。
無料で配信されている情報のなかには市場を賑わせたことのある銘柄情報もあり、配信の情報を頼りに利益を得たという人も一部見受けられます。

一方で悪い評価に多いのが、株エヴァンジェリストを頼りに購入した銘柄で損をしたり、マイページが見られなくなったというような口コミです。
銘柄を購入する上で損をしてしまうことは、ほかの投資顧問を利用していても有り得ることですが、サービスの面で不満を感じて悪い評価をするという人もいるようです。

このように株エヴァンジェリストの評判は、良いという人と悪いという人でばらつきがあります。

株エヴァンジェリスト以外の投資顧問にも悪い評価はある

株で損失した男性

株エヴァンジェリスト以外の投資顧問会社にも、悪い評価を多く受けている会社はあります。
投資をする以上利益ばかりが出るわけではないため、投資顧問会社を利用して損失が出るケースは必ず存在します。
低評価は特に、投資顧問の助言どおりに運用したのに損失が出てしまったという場合に書き込みされるパターンが多いです。

また、自分のスタンスに合わない投資顧問会社を選んで、売買のタイミングを逃し損をしてしまうといったケースもあります。
デイトレードなど短期投資を目的としている人が、数カ月程度の長期投資を得意とする会社を選んだ場合などです。
こうしたミスマッチから損失が発生し、低評価の書き込みをするといった人も少なからずいると考えられます。

損益が発生する以上、投資顧問会社の評価や評判には普通いい評価と悪い評価が存在します。
高評価ばかりの投資顧問会社は信頼できるように見えますが、実は低評価を削除してサクラが高評価を書き込んでいるという可能性もあります。
口コミ評価に高評価が多くあるからといって利用してみると、購入した銘柄が全て損失となってしまったというケースもあります。
高評価ばかりが目立つ投資顧問会社は信用するよりもむしろ疑ってみる必要もありそうです。

会員サービスや料金プランの内容

株エヴァンジェリストが提供する料金プランには、単発契約プランと期間契約プランの2種類があります。

単発契約プラン

1契約ごとに1から3銘柄を、メールやサイトの専用ページで助言するというものです。

期間契約プラン

このプランはウィークリーデイトレードとマンスリーデイトレードの2種類があります。

ウィークリーデイトレード

7日間の契約期間中、1営業日につき1銘柄をメールや専用ページで助言するというサービスです。

マンスリーデイトレード

ウィークリーデイトレードと内容は同じで、契約期間が30日間となります。

サービス内容に対する評価とは?

サービス内容を気にする女性

株エヴァンジェリストの会員サービスを利用した人の評判で多く見られたのが、ロスカット指示がなかったという書き込みです。
ロスカットを下回っても指示がないため、自分で判断して撤退をしたという人もなかにはいます。

料金プランを契約しているのに十分な助言やサポートが得られないと感じる人や、利用しても目標となる利益に到達しなかったという書き込みもあります。

株エヴァンジェリストの評価にはさまざまな意見があります。
利益を得る人がいる一方で、損失が出てしまう人もいます。
ただし、投資に絶対はありませんので、損失が出てしまうことももちろんあります。
投資顧問として金融商品を扱っている以上、低評価はある程度避けられないこととも言えるでしょう。

株エヴァンジェリストにはいい評価がある一方で、低評価も数多く存在していました。
損益の発生する金融商品を取り扱う投資顧問会社としては、損をしてしまった人から悪い評価を受けて、低評価が目立ってしまうのは仕方がないことでもあります。
低評価が多くあったとしても、その投資顧問会社が悪徳な詐欺業者ということにはならないです。